tommy's garden

アラフォーの初マタライフの記録。今秋に出産予定。

はじめに ~2度目の採卵のこと~

今年5月、私はKLCで2度目となる採卵に挑みました。

 

初回と同じくクロミフェン周期で、2つの卵胞が育ち、その2つに針を刺して卵胞液を採取。終わってほっとし、ベッドで安静にしている私のもとに、看護師さんがやってきました。こういう結果でした、と言って手渡してくれたその紙には、採卵数0の文字……。

 

衝撃でした。D10のE2の値から、採卵数が0になるとはまったく想定していなかったのです。「空胞ですか?」「そうです」「最悪!」思わず本音が漏れました。隣のベッドの患者さんに筒抜けだったはず。後悔しきりです。

 

その日、帰宅した私は、ひとり悶々としていました。〈多くの時間とお金を費やして、気力と体力を吸い取られ、残るものといったら疲労感と虚しさだけ。結果が伴わない体外受精って、ほんと心が折れる……。本来なら子作りに苦しみは皆無なのに、なんていう差なんだろう〉

 

でも、そんなときに多くの妊活ブログを読んで、気付かせてもらったんです。たった2度のチャレンジで落ち込むのは早すぎると。今後もどれだけのトライ&エラーを繰り返すのかはわかりません。でも、やっぱり夫をお父さんにしてあげたいし、孫を待望している親を喜ばせたい。自分と夫の遺伝子を受け継いだ子どもを産み、育て、後世に繋げたいという思いもあります。だから、その気持ちがある限り、挑戦していくことに決めました。

 

ふたりの庭に、いつの日かコウノトリが舞い降りると信じて。

 


にほんブログ村