tommy's garden

アラフォーの初マタライフの記録。今秋に出産予定。

陽性違い(回想2)

クロミッドを飲み始めて、今日で3日目。その影響なのか、基礎体温は高めです。以前の周期も、クロミッドを飲んでいるあいだは 36.7℃ のラインを超えたりしていたので、そういう作用があるのかもしれません。あまり気にしないようにしています。

 

それでは、前々回の記事の続きで、これまでの治療を振り返ります。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

※回想1からの続きです。

 

2015年8月某日

2度目のALC通院。D10で、卵胞チェック。子宮内膜7.5㎜、左卵胞が20㎜まで育っていた。いわゆる“のびおり”も出始めており、早ければ明日にも排卵するとのこと。

 

8月某日

連日の通院。週に3回の通院とは、思った以上のハイペースだ。

この日はフーナーテストだった。指定された時間の範囲内でタイミングをとり、診察に臨む。クリニックは午前のみ診療の日だったので、さすがに待合室の椅子は満席。男性も10人近くいた。フーナーの結果は問題なし。排卵はまだしていなかった。採血あり。

 

8月某日

朝、体温が急上昇していてほっとする。とりあえず、排卵はしたようだ。

午前中に近所の内科に行き、風疹抗体検査の結果を聞く。抗体は充分にあった。というか、既往でした。

 

8月某日

ALC通院、4回目。夫が初めて同行。先日のフーナーテストが良好だったため、精液検査は当面しなくていいそうだ。排卵チェックをして、採血を2本。

前週に行なった血液検査の結果が出揃う。いちばん気掛かりだったAMHは、5ng/ml以上で自分でも驚く。が、 もっと驚いたのが、クラミジアが陽性だったこと。 完全にノーマークだった。よりによってクラミジア……。夫ともども、ジスロマック錠を処方される。

 

8月某日

昨日の夜に飲んだジスロマックの副作用か、胃痛と下痢に苦しむ。あまり副作用のない薬らしいが、胃腸が弱い私には堪えたのかもしれない。夫のほうは、なんともない様子。

 

その3に続きます。

 


にほんブログ村