tommy's garden

アラフォーの初マタライフの記録。今秋に出産予定。

D10 卵胞チェック & 採卵日決定

記事がようやく現在に追いついてきました。今日からまた、3度目となる採卵周期の続きを書いていきます。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

すでに数日経ってしまっていますが、D10だった16日は、KLCへ卵胞チェックに行きました。例によって、遠方からの通院です。でも、今回はあえて始発には乗らず、昼近くに着くよう調整しました。理由はふたつ。

  1. 出勤前の夫を、毎回、早朝に叩き起こして、駅まで送ってもらうのは忍びない。
  2. 遅めの時間に来院すれば、D11の通院の確率が低くなるかもしれない。

理由 2 は、 LHの変動を考慮してみたわけですが、多少の時間差でどれだけの違いが出るのか本当のところはわかりません 。あくまで素人考えです。

 

というわけで、KLCに着いたときには 11:00 をだいぶ過ぎていました。採血後の待ち時間は、いつもなら1時間程度ですが、この日は2時間。そのあいだに昼食を済ませておけばよかったと、あとあと後悔することになります。

 

ようやく内診室に呼ばれ、卵胞チェックと、今回は子宮頸がん検診もお願いしました。保険がきけば 1,500円程度で受けられるので、ついでの検診はおすすめです。肝心のホルモン値は、E₂が1,100ちょっとで、2個採卵する予定とのこと。採卵日はD12に決定しました。担当は、以前にも診ていただいたことのある女医さんでした。

 

診察のあとは、処置室へ。以前の採卵時に使ったブセレキュアは、使用期限が切れてしまったため泣く泣く買い直し。今度はスプレキュアでした。それから座薬2回分を受け取って、お会計を済ませてエレベーターに向かったものの、ふと、点鼻薬の使用法を忘れかけていることに気付きました。仕方がないので待合室のモニター前に戻り、正しい使用法の映像が流れるのをじーっと待って、それを確認してからクリニックを出ました。受付から終了まで、今回は4時間でした。

 

お読みくださり、ありがとうございます。