tommy's garden

アラフォーの初マタライフの記録。今秋に出産予定。

今の私にできること

私の住む地域では、今日は久々に青空が広がりました。

 

ここ最近はずっと雨続きで、気持ちまでどんよりじめじめ(治療がうまくいかなかったので、なおさら)していたところですが、やる気がみなぎってくるのは、やっぱり晴れた明るい日ですね。前向きな発想が、おのずと湧いてきます。

 

そこで今日は、生活のなかで見直すべき点について考えてみました。

 

妊活を始めてから、かれこれ1年半になる私。その間にいちばん変わったのは、やはり食生活です。妊活にまつわる本を読み、ネットで調べ、紹介されているおすすめ食材を買って、調理して。

 

その過程で、妊活的に理想とされる食事がどんなものか、だいたいの知識を得ることができました。とはいえ、知識を得ても、それを実践できるかは別問題。すべてを実践することは、私には無理でした。

 

本やネットでは、さまざまな妊活レシピが紹介されていますよね。でも、そのなかで私が実際に作った(作れた)料理は、ほんのひと握り。最大の理由は、私が料理上手ではないからです。料理の才能が欲しいよ! と、いったい何度、思ったことか。

 

それでも、妊活者としての王道は、いちおう歩いてきたと言えるかな?

 

葉酸サプリを飲んだり、ルイボスティーを煮出したり、白砂糖の摂取を控えてみたり。卵を毎日食べたり、アボカドをサラダに乗っけてみたり、雑穀米を炊いたり。亜麻仁油でドレッシングを作ったりもしています。でも、その程度。コーヒーは飲まずにいられないし、たまにはチョコレートもつまんでしまう。

 

妊活を始めた当初は、温活もずいぶん意識していました。が、去年の夏に、“体を冷やしちゃだめだ” とクーラーを我慢していたら、生理周期が狂ってしまって。たぶん、体が暑さに負けて、ホルモンに影響してしまったんですね。本末転倒だと気付いたので、今年の夏は、28℃前後の室温設定で快適に過ごしました。

 

ところで、“体質改善”という言葉を、最近は本当によく聞くようになりました。

 

妊娠するために、今の私にできること。これからの私がすべきこと。それは、1にも2にも、体質改善に取り組むことだと思っています。体質は80日間で変わるとか。模範的な食生活にシフトするのはなかなか難しいですが、達成度を50%から70%に引き上げる努力なら、できるかもしれません。

 

毎日の食事の積み重ねで、体が作られていく。80日後の卵の質が、少しでもよくなることを願って、今日から再スタートを切ります。

 

お読みくださり、ありがとうございます。