tommy's garden

アラフォーの初マタライフの記録。今秋に出産予定。

D17 心の声に耳をすます

今日はTSUTAYAにCDを返却するという目的があったので、外の空気に触れることができました。ここ数日、用事がないと、ちょっとした引きこもり状態です。

 

そんなこんなでD17になっていますが、いまだに低温期が続いています。排卵検査薬がとっくに真っ白になっているのに体温が上がらないというのは、明らかに何かがおかしいですよね。

 

最近は、明け方に悪夢を、それもとびきりひどいやつを見ます。ストレスが溜まっている自覚はあるのですが、それを発散する術もなく。自分のなかで、何かを根本的に変えていかなければいけない時期に差し掛かっている気がします。

 

突然ですが、みなさんは思いどおりの人生を歩んでいますか? 学生あるいは20代のころに夢見た未来にいますか? 私は、まるきり逆の大人になりました。

 

結婚するなら事実婚、子どもはどちらかというと欲しくないと考えていたのに、結婚して、なんと体外受精までしている。首都圏で仕事をばりばりこなしているはずが、地方で専業主婦同然の暮らしをしている。こういう未来を、若いころの私は想像したこともありませんでした。というより、想像できなかった。

 

こんなふうに、かつての理想とかけ離れた場所にいるものの、今が不幸かといったら、断然 no です。子どもがいなくても、充分に幸せだと言い切ることもできます。子どもができたら、別の種類の幸せが待っている、というだけのことだから。そういう意味では、今の生活に不満は微塵もありません。

 

けれども、遠い昔の自分が、今の自分のなかに確実に生き続けていることを、最近とみに感じるんです。というか、私のなかで、昔の自分が何かを訴えている。今のままでいいのかと問い掛けている。その状態が長引いてストレスとなり、ひいては妊娠を妨げているようにも思えます。

 

一度はルート変更をしたけれど、これから軌道修正をして、かつて理想とした自分に近づけたら、悪夢にうなされる日々を抜け出せるのかもしれません。もちろん、結婚を解消するわけでも、妊活をやめるわけでもないですが笑。

 

ただ、今の生活のうえに、何かを積み上げていく作業をプラスしていけたらいいかなと。30代も後半になり、気力も体力も下降しつつあるなかで、忘れかけていた理想をもう一度、追い求める生き方にシフトする。私が今、いちばんに欲しいものは、もしかしたら赤ちゃん以上に、そんな行動力なのかもしれません。

 

お読みくださり、ありがとうございます。