tommy's garden

アラフォーの初マタライフの記録。今秋に出産予定。

D20 十年という歳月

D20ですが、基礎体温はまだ高温層に入っていません。低温と高温の境目(36.70℃)の、やや下あたりで停滞している状況です。タイミングは、とれるだけとりました。体温が安定しないので、長期にわたって頑張りました(夫が)。5日間ほどで終了するはずの祭りが、10日以上に及んだわけで。夫には、ほんとにお疲れさま、ありがとうと言いたいです。

 

さて、体温も停滞気味なら、気分も停滞気味なのは相変わらずです。なんでしょう、この長々と続く八方塞がり感は。 悩み多き思春期に戻ったような、あのころよりもなお、深い闇の中にいるような。

 

家にこもっているのがいけないのかもしれないと、無理に外出してみたりもしました。でも、お化粧するのがしんどくて。日焼け止めだけどうにか塗って、近所のスーパーへ行くのが精一杯。あーあ、どうしちゃったんだろう?

 

で、スーパーから戻って、憂鬱な気分を引きずったまま、PCでちょっと調べものをしていたわけです。検索ワードを入力し、たまたまヒットしたHPを開くと、そこには思いがけず、知人男性の姿が。約10年ぶりの “再会” です。

 

まぶしかったですね、その活躍ぶりが。もともとその分野で頭角を現しつつあった人でしたが、現在では相応の地位につき、後進の指導にあたっているようです。まだ20代だったあのころから、仕事に対する野心や情熱はそれとなく伝わってはいたけれど、この10年ほどでさらに地歩を固めてきたことがよくわかりました。

 

10年という歳月の重みを感じました。今から思うと、飲みの席では見せなかった顔こそが、彼の本当の顔だったのだなあと。いつも涼しげな顔をして、水面下の努力を微塵も感じさせなかったのは、さすがです。その人柄を、懐かしさとともに思い返しました。

 

そんな知人の活躍する姿に、八方塞がりの私も、エネルギーを分けてもらった気がします。もうお会いすることもないのでしょうが、万一どこかでばったり……なんてことがあったら、物陰に隠れるような真似だけはしたくない。だから私も、恥じない自分でいられるように、今からでもできる努力をしていきたいと思います。

 

お読みくださり、ありがとうございます。