tommy's garden

アラフォーの初マタライフの記録。今秋に出産予定。

『30代からの妊活食』 岡田明子・堤治

今日は、少し前に読んだ妊活関連本について書きたいと思います。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

管理栄養士かつ、30代半ばでの出産経験をもつ著者が、妊活および出産・産後に必要な栄養についてわかりやすく解説しているのが本書。山王病院の堤院長も、妊活アドバイスとしてコラムを執筆しています。体外受精などの高度医療に頼るのはまだ先の、妊活を始めたばかりの30代を主な読者として想定している感じでしょうか。

 

この本に書かれた栄養に関する知識は、妊活の基本ともいうべきものです。とはいえ、その知識を皆が皆、実際の食事に反映できているかといったら……少なくとも、私はできていません。この本は、そんな人のためにあるのでしょう。

 

掲載されている14の妊活レシピは、食材さえ入手できれば、どれも簡単に作れるものばかり。つまり、食習慣を変えるための第一歩が踏み出しやすくなっています。毎日遅くまで仕事で、疲れてなかなか自炊ができない。でも、なんとかして効率よく栄養を摂りたい。そんな方に、おすすめの本です。

 

妊娠できる体は食から 30代からの妊活食

 

お読みくださり、ありがとうございます。