tommy's garden

アラフォーの初マタライフの記録。今秋に出産予定。

D22 友人の結婚報告に思う

30年来の友人から、結婚すると報告がありました。

 

彼は小・中学校の同級生。社会人になってからは、共通の友人を集めては地元の居酒屋に繰り出す、いわば飲み仲間でした。

 

いちばん飲んでいたのは、20代の半ば頃だったでしょうか。田舎ゆえか、そのころすでに、同級生の結婚・出産話には事欠かなかったのを覚えています。そんななか、結婚願望が希薄だった私はともかく、彼は、長くお付き合いしていた女性にこっぴどい振られ方をして傷心の日々。まさに「結婚て何それおいしいの?」 状態でした。だから、今回こうして嬉しい報告をもらえて、私も安心しました。保護者みたいな心境です。

 

やり取りはすべてメールだったので、お相手がどんな方かというところまでは、まだ聞けていません。でも、“いい夫婦の日” を入籍日に選ぶあたり、素直でかわいらしい方なんだろうと想像します。一途な彼のことだから、奥さんを大切にして――というより、猫かわいがりして、温かい家庭を築けるのではないかな。

 

お相手の年齢いかんによっては、子どもができたと報告してくる日も近いかもしれません(年齢によらないケースも、往々にしてありますが)。もしかしたら、私に伝えていないだけで、すでにお腹にいる可能性もありますね。ともあれ、「子どもは嫌い」と言い切っていた彼がそんな報告をしてきたら、奥さんに丸め込まれたか、尻に敷かれていると思ったほうがよさそうです。

 

お読みくださり、ありがとうございます。