tommy's garden

アラフォーの初マタライフの記録。今秋に出産予定。

仙台ふたり旅 ~アウトレット&イルミ再び~

前回の記事のつづきです。

 

というわけで、仙台旅行の2日目は、夫が車でやってくることになりました。夫が来る前に、まずは朝食バイキングで腹ごしらえです。

 

仙台のホテルらしく、牛タンカレーなどもありましたが、私はサラダ、オムレツ、クロワッサンなどの定番メニューで済ませました。部屋に持ち帰るためのコーヒーが用意されていたのが嬉しいところ。

 

そのコーヒーを飲みながら部屋でくつろいでいると、夫から着信がありました。仙台のインターを下りたという連絡でした。泊まっているホテル名を私が教えると、夫はその場でナビをセットしたようです。もうすぐ着くというので、私も荷物をまとめ、チェックアウトして待つことにしました。

 

それから20分後くらいに、ホテル前に着いたと夫から連絡がありました。夫曰く、

「ナビに従って来たら、ずいぶん立派なホテルの前に着いてさ。そんなはずはないと思って通り過ぎて、また戻ってきた」

のだそうです。なるほどね笑。

 

ひとり旅からふたり旅になり、車という “足” ができたので、私たちは仙台泉プレミアムアウトレットに行くことにしました。

 

田舎暮らしで満たされない買い物欲が、仙台にいる2日間で炸裂した感じです。実際にはウィンドーショッピングにとどまりましたが、お店に入り放題、商品を見放題、という環境が、日頃の飢えをどれだけ満たしてくれたことか。私がショッピングを楽しんでいるあいだ、夫はアウトレット内の牛タン専門店で、たらふく食べていたそうな。

 

夕方になったので、今度は2人で《光のページェント》を見るために、仙台駅近くまで戻りました。土曜日とあって、前日よりも明らかに人出が多かったです。点灯の瞬間には、前日にひとりで見たのと全く同じ場所にいました。それなのに、前日よりもいっそう輝いて見えたから不思議です。

 

光の回廊を、人の流れに乗って、この日も市民広場まで歩きました。広場近くには写真を撮影してくれるコーナーが設けられ、ポストカード大の写真を無料でもらえます。ポストカード大といっても、写真自体は証明写真ほどの大きさで、表情がかろうじてわかるかな、というもの。引き延ばした写真も販売していたので、記念に購入して帰途につきました。

 

お読みくださり、ありがとうございます。