tommy's garden

アラフォーの初マタライフの記録。今秋に出産予定。

年賀はがき 2等当選

表題のとおり、お年玉付き年賀はがきで2等が当選しました。三十ウン年間生きてきて、初めて切手シート以外のものを get です。

 

これもひとえに、夫が(はがきを)多めに買っておくと言い張ったおかげです。つまり、当たったのは、買いすぎて余っていたはがきだったというわけ。

 

余分に買ったはいいものの、けっきょく手もとに14枚も残ってしまい、私は内心「コノヤロー」と思っていました。写真用のインクジェット紙なので、懸賞なんかに応募するにも使いにくそうだし。それが一転、「夫よ、でかした!」に評価が変わりました。ゲンキンですよね。お恥ずかしい。

 

ちなみに2等の景品は、ふるさと小包など39種の商品から選べるようになっています。ここはひとつ、夫に謝意を表して(?)、選ばせてあげることにしました。今日、寒風吹きすさぶなかを自転車で郵便局に行き、申込書を提出。《繁盛店のラーメン》10食分、約1か月後に届くそうです。

 

郵便局の窓口の方も、「出さなかったのが当たったんですねぇ」と笑っていました。「そうなんです。ラッキーでした~」と、私。誰かに出していたら、その誰かに福がまわっていたのですけどね。引き止めちゃってごめんなさい。

 

ところで、こちらの郵便局、民家を間借りしているような風情の小さな局なのですが、いつも和やかな空気に満ちています。いつ行ってものんびりムードで、たとえ待たされていても、なぜかイライラせずにいられる。地味ではありますが、長く働くのなら、私にはこういうアットホームな職場が合っていたのかも。今ごろ気付いても遅いのだけれど、今だからこそ、わかることでもあります。

 

それにしても、1万分の1の確率を当ててしまったので、今年の運を使い果たしたのではないかと心配です。3,000円相当の商品より、だんぜん子宝に恵まれたいですからね。私が妊娠できる確率は、1万分の1よりも高いのか低いのか……そんなことを考え始めたら、だんだん怖くなってきました。ええ、子宝運は、努力と根性で引き寄せますとも。

 

お読みくださり、ありがとうございます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ