tommy's garden

アラフォーの初マタライフの記録。今秋に出産予定。

診察の結果

※ 陽性判定後の記事になります。

 

今日、朝一番にクリニックを受診しました。

 

おとといの夜に少量の出血があり、その旨を連絡したところ、来院の指示が出たためです。前回の通院(=初診)から、5日しかたっていません。

 

クリニックに着くと、間もなく診察室に呼ばれました。先生に、いつからいつまで出血したかを伝えましたが、色については訊かれなかったので話しませんでした。そんなものなのかな。

 

続いて、超音波検査です。屈辱のカーテンなし内診台も、今日は不安で頭がいっぱいで、羞恥心を覚える余裕もありませんでした。あまりに不安だったせいか、モニターに視点が定まらず、先生の説明を聞くので精一杯。

 

先生曰く、まだ赤ちゃんは見えない。だから今はなんとも言えない。赤ちゃんが見えるまでは「おめでとう」とは言えません、と。

 

胎嚢が確認できた日に、看護師さんと「おめでとう」と言ってくれたのは、じゃあなんだったの。先生がそんなこと言わなければ、早まって親に報告しなかったのに……。

 

放心状態で内診台を下りました。そして再度、診察室に入り、超音波写真を手渡されて。胎嚢は17㎜になっていたものの、中は真っ黒でした。どんなに目を凝らしても、胎芽らしきものは見えません。

 

流産予防の薬を出しておきますからね、次は2週間後に来てください、と先生。現時点で赤ちゃん(胎芽)が見えないのは普通のことなのか、知りたかったけれど、訊く勇気がありませんでした。

 

お読みくださり、ありがとうございます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ