tommy's garden

アラフォーの初マタライフの記録。今秋に出産予定。

心拍確認

今日は、約2週間ぶりの通院でした。7週目に入っています。結論から言うと、無事に心拍を確認することができました。

 

内診台のモニターに映し出された胎嚢。そのなかに白い影が見え、中央付近が拍動している……素人目にも、それはすぐにわかりました。ここ数日、悪い想像ばかりして張りつめていた心の糸が、一挙に緩んだ瞬間でした。

 

CRL(頭のてっぺんからお尻までの長さ)は、9.8㎜。週数にしては、若干小さめかもしれません。よって出産予定日もまだ決まらず、母子手帳もおあずけです。

 

内診のあとは、注射が待っていました。先生に「今日も注射を打ちましょう」と言われたのですが、このクリニックで注射なんて打ってもらった覚えがありません。看護師さんに訊いてみると、流産防止の注射だとのこと。

 

お尻に打つというので、ベッドに半ケツ状態でうつ伏せになり、待機していた私。やってきた看護師さんに「そんなに(下着を)おろさなくていいです」と言われ、お尻をシャッとしまわれてしまいました。は、恥ずかしい……。

 

それはともかく、ひとつめの峠を、やっと越えられたというような心境です。自分のなかに、自分のものではない心臓が動いている不思議。私の身体は、もう私だけのものではないんだと、いつかどこかで聞いた、そんな言葉を思い出したりしています。

 

とはいえ、出産までは、越えなければならない峠が、まだたくさん待ち受けているはずです。現に流産予防の注射を打ったり、薬をがっつり飲んだりしているわけで、リスクがなくなったわけでは決してない。本格的なつわりも、たぶんこれからでしょうし。身体的なこと以外にも、産院を決定しなくてはいけない時期にきているし、出生前診断についても検討する必要がある。

 

でも、そういう事柄にきちんと向き合い、ひとつずつクリアしていくなかで、親としての自覚が芽生えてくるのかもしれないな、そうだといいな、とも思っています。

 

お読みくださり、ありがとうございます。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ